通訳案内士申請完了しました。

「何かに挑戦したら確実に報われるのであれば、誰でも必ず挑戦するだろう
 報われないかもしれないところで、同じ情熱、気力、モチベーションを持って継続し
 ているのは非常に大変なことであり、私は、それこそが才能だと思っている。」
(羽生善治)
「繰返しは無限の喜びである」
(清水かつぞー著「英単語ピーナッツ」(南雲堂)
「難しいのは「TOEIC」じゃなく継続だ!」
「英語が覚えられないのではない、繰り返しが足らないのだ。」

通訳案内士申請完了しました。
電話連絡にて申請時間帯15時30分から16時の枠を予約していました。
午後休とって県庁に通訳案内士登録申請してきました。
15時過ぎに県庁に到着、早速県庁1階にて収入証紙、切手を購入しました。
申請料は、5,100円。
登録証の郵送代、392円(簡易書留)
あと、申請書類の中に医師の診断書を添付する必要があります。
医療機関によって違うと思いますが、小生の主治医は3,000円でした。
県内にお住いの方は、下記より必要書類確認してください。
神奈川県ホームページ「通訳案内士登録申請について」は、
URL: http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/p81145.html

15時30分まで時間が余ったので県庁屋上から周辺の景色眺めてみました。
目の前に大桟橋、赤レンガ倉庫など観光スポットが目の前に広がっています。
横浜港周辺は何度来ても心ときめきます。

15時30分国際観光課に到着、合格証書本状とコピー1枚、写真、書類提出。
内容確認していただき不備がなかったので15分で申請完了しました。
2週間以内に登録証が簡易書留で届くそうです。
しかし、案内士登録証が届いたからと言って、仕事が舞い込む事は皆無です。
ここからは、自分で道を拓いて行くしかありません。

やれるのか?自分!

「小さなことを積み重ねることが、とんでもないところへ行くただ一つの道」
(New York Yankees イチロー選手)

関先生の「世界一わかりやすい英作文の授業」あとがきより
・・・。
これからは、書いて書いて書きまくってください。
世の中には、2,3回でマスターできることなんてありません。
初めて補助輪をはずして自転車に乗ったとき、、何十回も転んだはずです。
九九を覚えるとき、何百回も口ずさんだはずです。 トイレの中でさえ練習し
たはずです。ケーキ作りも、ギターの練習も、ゲームのボスキャラにだって、
何回も何回もトライしたはずです。
・・・。

7月1日Jay先生の基礎単語メール[No.444]英語名言 by W. Clement Stoneより引用
Try, try, try, and keep on trying is the rule that must be followed to become an expert in anything.
(やって、やって、やって、やり続けることが、何においても専門家になるために従うべきルールである)

皆様に幸運が限りなく降り注ぎますように!

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック